So-net無料ブログ作成

飛騨のうまいものを満喫!! の巻



みなさま、こんにちは[わーい(嬉しい顔)]

少し時間が経ってしまいましたが、3/9に行われた「飛騨ナイトin浅草」の模様をレポートします!!

photo 3.JPG

浅草のLwp(ループ)にて行われた「飛騨ナイトin浅草」は、飛騨の観光アピールを目的に飛騨市役所の方や観光課の方などなど飛騨の方々によって行われたイベントです。


去年携わっていたワリバシカンパニーのインターンの繋がりでご紹介頂いたのですが、
とにかく、、、、飛騨は美味いものだらけなのです!!!!!


oba.jpg
飛騨からめちゃめちゃ元気なおばちゃまお二人が来て、飛騨の美味いものをたくさんご紹介して下さいました!!
朝に雪の中から取ってきた新鮮な飛騨の野菜を取ってきて作った料理だそうで、感動!!

朴葉味噌、飛騨牛のしゃぶしゃぶ、飛騨の地酒など有名なものも沢山ありますが、こも豆腐、にたくもじなど・・・・
飛騨の名物料理には聞き慣れないものが多く、興味津々で頂きました。
(※にたくもじは、お漬け物を煮物にしたものです!!!)



komo.jpg
そのなかでも、私が感激したのが「こも豆腐」です。
お正月の伊達巻きのようにフチが雲形になっている豆腐です。
この日出てきた「こも豆腐」には味がしみ込んでいて、素直に「なんて美味いんだ!」と思ったのですが、この「こも豆腐」には秘密がありました。

豆腐を編んだ藁で包んで茹でることで「す」がボコボコに入り、そこへ味がしみ込みやすくなっているんだそう!
藁の香りも豆腐へ移って、なんとも言えない素朴で温かい味わいでした。



ちなみにこの「こも豆腐」を作るワークショップが次の日にあり、そちらにも参加しました。
これが私が編んだ藁です。↓
DSCF4009.JPG




あと、飛騨と言えば外せない「朴葉味噌」ももちろんありました。
朴葉はとにかく大きく、顔よりも大きいので、いらぬ空想に浸り・・・
houba.jpg

ちなみにこの朴葉は、夏はまだ緑色の朴葉で「朴葉寿司」という名物が作られるそうで、夏の飛騨の味覚にも興味津々!!夏に飛騨に行かねば!!



そ・し・て・・・



お待ちかねの「飛騨牛」!!!
niku.jpg

でかい!!!

とにかくでかい!!!

のれんかと思いました。
noren.jpg


「飛騨牛」は牛の状態のときは「ひだうし」と呼ばれ、肉の状態になったものを「ひだぎゅう」と呼ばれるそう。
そもそもブランド牛を食べることがない私なので「松坂牛」や「近江牛」などとの違いもわからず、そう言った意味では「飛騨牛」への申し訳なさでいっぱいなのですが、、、ひとつだけ言えることは

「飛騨牛」はめちゃめちゃ美味い!!!

私の中には「ブランド牛=飛騨牛=美味い!」の式が完成されました。
新里史において、大変歴史的な瞬間でございました。


そして、興奮のあまり撮った写真がコチラです。

photo 1.JPG

iPhoneサイズにぴったりな「飛騨牛待ち受け」!!
うっかり焼いてしまわれようご注意下さい。



飛騨には酒蔵が多く、日本酒や焼酎を筆頭に、現在はさまざまな変わったお酒も造られているとのことで、この日用意されていた4種類全て頂きました。
完全なる酔っぱらいの出来上がりです。

そのなかでも、衝撃的だったお酒がこちら・・・

dobu.jpg

「飛騨のどぶ」!!!

マッコリとか、濁り酒とか、そんなもんじゃない!!!

こ、これは、まさか!

ヨーグルト?!!


もちろんヨーグルトではないのですが、
液体というよりも固体に近い存在。
のどごしなんというものはほとんど存在しない!!!
まったりと広がる味、甘さ。おそらくこれが好きな女性は多いのでは???

最近若い女性の中で「マッコリブーム」なるものがあるそうですが、彼女達に
その一歩も三歩も先を行くこの「どぶ」を是非体験して頂きたいものです。


さてさて、長々と書いてしまいましたが今回はこのイベントにて看板をチョークで書かせて頂きました。

photo 4.JPG

photo 2.JPG



飛騨の美味いものとおばあちゃん達や飛騨の方々と楽しい夜を過ごしました[わーい(嬉しい顔)]


後日、この様子を興奮まじりで友人知人に話したところ「なんでそんな良い会に呼んでくれないんだ!!」との声が多数でしたので、また第二回が開かれることを心待ちにしております[ぴかぴか(新しい)]
コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。